「ほっ」と。キャンペーン

縄文笛 staff blog

joumonnbue.exblog.jp
ブログトップ

沖縄県立埋蔵文化センターにて

 埋蔵文化センターにお伺いいたしました。

 今回の旅にて、ぜひとも訪れたい場所でありました。
 私のなかで・・・「縄文の血が濃く残っているという
 沖縄と北海道」しかし 沖縄で生まれ育ってきた20年余り。
 語られるのは、戦争の惨劇、グスク時代のことが中心でした。

 縄文・弥生についても貝塚時代とくくられていたような・・

 昨年沖縄県立博物館を訪れた時、縄文・弥生時代の区分もあり
 驚きました。もっと知りたいという欲求を抱えたまま・・でした。
 ようやく今回、専門家の方のお話を展示物と共に
 伺うことができました。

 沖縄の古代史は、本土とはまた違う独特なものであることをより知る事が出来
 わくわくしました。グスク時代以前にも、とおくの国々 島々と
 貿易を交わし まさにグローバルな生き方ではないか!
 
 実は、今回演奏を企画してくださった 北中城村(きたなかぐすくそん)には
 「荻堂貝塚」という縄文時代の遺跡が発掘されています。(1972年 国史跡指定)


 職員のkさん、お忙しいなかお付き合いくださいまして
 ありがとうございました!

 中1の頃、現在のうるま市にある 貝塚を探しに探検に出かけたことがあります。
 朝からお弁当をもって、炎天下のなか何時間も歩き続けました。
 ようやくたどりついたところは 草薮で、「000貝塚跡」という
 支柱が一本 立っていました。
 誘った友達2人とは、帰り道無言になり、その後その探検の話題については
 一切語りませんでした。というニガ~い経験も懐かしく思い出し
 肝どんどん(ちむどんどん)する 嬉しい一日でした。

 
b0207141_2250038.jpg

 職員の方に 演奏を聴いていただきました。

b0207141_23201948.jpg

ヤコウガイ製貝匙(弥生時代)

 
 
[PR]
by ki-na_star0903 | 2011-12-12 23:25 | スタッフ つぶやき…