縄文笛 staff blog

joumonnbue.exblog.jp
ブログトップ

観劇しました。

昨日、笹塚ファクトリーにて
愚安亭遊佐さんのひとり芝居「こころに海をもつ男」を観に行きました。下北半島で生きた漁師のドラマです。迫力ありました。
お問い合わせ 北海道演劇財団011ー520ー0710
8日までやっています。愚安亭さんの舞台に縄文笛、共演させて頂く事が別作品でありました。スタッフの私も、いろいろ学ばせていただいてます。
# by ki-na_star0903 | 2010-11-06 21:42 | お知らせ

番組をみて。


あー、明け方になってしまいました。
先程までNHKで「京都・音の風景」という番組をやっていて、感動しました。
京都に暮らす人々の息づかい、自然の様子、しっとり胸に響きました。
# by ki-na_star0903 | 2010-11-05 04:35 | スタッフ つぶやき…

記念すべき日・・でした。

 
 あー日が変わりました。昨日11月3日は、私がブログをはじめて
 2ヶ月目という日でありました。私にしては結構続いています。
 お休み多いのですが。。

 その記念すべき日、うれしい事が! 当方の縄文笛グッズが
 静岡市にある登呂遺跡のミュージアムショップでも販売させて
 いただくことになりました。どうぞお立ち寄りの際は、縄文笛に
 挑戦してください!

 「縄文」対「弥生」という比較は学問的な捉え方はあるにしても
 どちらが優れているとか、悪い時代だとか・・・そんな話にとても
 違和感を感じていました。 いのちの繋がりで、今がありますから。

 縄文笛毅、一昨年、縄文笛製作者の戸村さんにお願いして「弥生の土笛」も
 作っていただきました。彼のことなので、私が代弁できませんが、
 弥生時代との連なりを考えたのでしょうか。 と勝手に思っています。

 登呂遺跡は、弥生時代で有名な所です。ご縁ができ、驚きとともに
 また進んでゆけるという励みになっています。ありがとうございます。
 
# by ki-na_star0903 | 2010-11-04 01:49 | 縄文笛グッズ

10月30日、縄文笛毅。


  昨日、縄文笛毅の誕生日でした。
  といっても慌しくバースデイパーティー
  なんてする時間がなく・・・。
  嵐の中を大切な用事があるからと
  出かけてゆきました。 
  視覚障がい者であるので、戻ってくるまで
  ハラハラドキドキでした。

  先日お会いした、病院の入り口で困っていた視覚障がい者の
  男性を思い出しました。
  立ち往生していたその方に「お手伝いしましょうか?」と
  声をかけたところ、すぐに病院関係者の方が
  私がやります!と来てくれたものの
  「はぁ~い。大丈夫かなぁ~?」と幼い子への話し方で
  対応するのです。こっちは腹がたって「敬語でしょう・・」と
  つぶやいたら慌てて言い直していました。

  帰り偶然にその障がい者の方に会い
  少しお話したところ「病院って結構不便で・・。
  点字ブロックなくて困るンです。」と
  温和な表情とお声で話していました。

  帰って縄文笛毅に一連の出来事を話すと「そうそう・・そうなんだよね」と
  一言。でも、怒るんでもなかったので、もっと外に向かって
  表現していいんじゃないか!とひょうしぬけです。
  そんな、いちいち言ったってと返答してましたけど。
  でも周りの心配を省みず、やりたいことはやるとの
  信念は昔から健在ですので、やはり好きに生きている方です。
  嵐のなかも出かけるし・・・。羨ましい時があります。
  そう考えると、障がいって何なのかよく分からなくもなります。

  縄文笛毅は 笛の音で、作品作りで、
  生きているこのままを 表現する人です。

  そういう事なら・・彼の演奏の機会を増やさねば・・
  とも考えます。  
  
  
# by ki-na_star0903 | 2010-10-31 20:25 | その他の活動

実りの…

b0207141_02847100.jpg


実りの秋…ではなく 冬に突入ですね。

柿の実。色の鮮やか さに感動しました。
# by ki-na_star0903 | 2010-10-28 00:28 | スタッフ つぶやき…